鮎
鮎

旬が待ち遠しい。

日ごとに変わるお品書きは季節の 移り変わりを感じます。食材を選ぶ時 、「もうこんな時期か。」 と一つの旬を感じます。
ふと振り返ると、いつの間にか時間が過ぎるのは早いもので一年が、瞬く間に過ぎていく。
一旬
一瞬
「そろそろアレを食べに行くか。」と、気軽に新屋敷にいらしてください。
今日も、その日の選りすぐりの食材と、厳選した日本酒をご用意しております。

「旬」例えば初夏

盛り合わせ

-Ayu-

一般的には6月~8月が旬と言われる鮎は香魚とも言われる川魚。その独特の風味を楽しむことができるようにシンプルに調理を。備長炭で塩焼きに。
火の入れ方を微妙に調整しながら満たされる香りが「まだか」と待ち遠しくさせることでしょう。

鮎を焼く

春夏秋冬にそれぞれの良さがあり、その季節にしか食べられない食材があります。
そんな「旬」を感じていただけたらと思います。

お料理一例

deco
酒肴盛り合わせ
サラダ
茶碗蒸し
うなぎ串

ランチ

deco

火~土 11:30~不定期営業
※アジの仕入れ状況により営業日が変わります。
※なくなり次第終了となります。

ランチ営業日はホームページのブログにて
前日17時頃に告知をいたします。
ランチは営業日の【11時30分ご来店予約限定】で
受け付けています。
ご予約方法:お電話にて承ります。

アジフライ定食
※限定約20食
1,500円

アイモリ
(アジ半身2枚、カキ3個)
1,800円

カキフライ単品1個 
250円
※カキフライは
期間限定10月~5月頃
※大盛り無料

-- こだわりポイント --

アジ:水揚げ量日本1の長崎県松浦市から直送。刺身用天然真アジしよう。ノンフローズン大きさ、質ともに納得できるものが手に入らない場合は営業しません・・・
カキ:宮城県気仙沼大島から直送(期間限定 10月~5月頃)カキ料理は素材が7割だと思っています。探していた条件が全て一致したヤマヨ水産
立地・作り手・剥きて・梱包・カキへの愛が最高です。
:埼玉県越生町産の「彩のきずな」
彩のきずなは特A評価、粘り強く害虫に強い為、農薬を減らして栽培できます。
4月の苗づくりから9月の稲刈り、天日干し全て私の手づくりです。
毎朝店内精米、羽釜炊き
米1粒へのおもい・・・美味しさを求めて
みそ汁:アジ骨あら汁
梅醤油:埼玉県弓削田醤油の梅醤油。化学調味料・合成着色料など一切なし。埼玉県越生町の梅を使用
:天然海塩
ソース:たっぷりの野菜とフルーツを使用したオリジナルソース
パン粉:素材を引き立てるための大きさと糖度とパン粉付け。
:フライとの相性を考え、質の良い油をブレンドしてます。

-- 食べ方 --

※アジフライ
① そのまま
② 海塩を振りかける
③ 大根おろしに梅醤油をかけて食べる
④ オリジナルソースをかける
その他お好みの食べ方を見つけてください。

アジフライ

※アジの鮮度にこだわる為、不漁・市場がお休みの場合はランチ営業をお休みさせていただきます。
ランチ営業の定休に関しては、HPのお知らせ欄にてお伝えさせていただきます。

※表示価格は全て税込価格です。

最上部へ